2010年10月29日

老い日記[225]――生誕18,793日/禁煙178日目

 午前中から初台で会議。月1回のこの会議、企画のタイトル一つ決めるにも何人もの大人がよってたかって意見し合う。なんとも贅沢と思う気持ち半分、この時間は有意義なのかと恐縮する気持ち半分。トータルな企画をゼロから立案するわけではないもどかしさも手伝って、立ち位置が未だに難しい。
 
 会議を終えて、ランニングの専門ショップに行ってアンダーウェアとラップ時計を購入。今さらながら次第に「形から入る」ことに熱中し始める。本屋に行って「お、これこれ」と何冊も買ってきて、もうそれだけで満足して読みゃしない。あれと同じですね。……って、それじゃダメダメ。ひたすら走ればいいんです、ひたすら走れば。ハングリー精神とはそういうことです。と、なかなか落ちない贅肉をじっと見る。(見なくていいです)
 
 明日が稽古休みなので、なんとか流れをつくろうと思うのだが、今日も進みはのろのろ。それでも『話してくれ、雨のように……』はなんとか全貌が見えてきた。しかし、まだまだ先は長い。とはいえ、こればかりにかかずりあっているわけにもいかない状況。今年も残すところ、あと2カ月。先手先手でいかないと、あっという間に今年が終わって泣きを見る。(見たくないです) 
チラシに大ポカ.jpg
印刷所に入稿した後で発見。曜日が全然違う。来年の1月7日は金曜、12日は水曜なのに……。なんてこった……。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記