2010年11月03日

老い日記[230]――生誕18,798日/禁煙183日目

 昼から劇団の制作打ち合わせ。F女史&俳優Oとで劇団の今後のあれやこれやを話し合う。と言っても、話がワープしまくるF女史と、「あれ、そんなこと話したっけ?」と既に認知症の疑い濃厚な発言を繰り返す俳優Oが相手なので、話は理路整然とは歯程遠い進み方であっちにふらふら、こっちにふらふら、話すほどにイライラが増す。
 2時すぎて解散し、そこから慌ててパッキング。あたふたとキャリーケースを引きずって上野駅に向かい、久しぶりに「スーパーひたち」に乗りこむ。約2時間の特急列車の旅。到着したのは、福島県いわき市。明日から高校演劇コンクールの審査で、その前乗りという次第。
 駅からタクシーでホテルへ行き、チェックイン。既にロビーには担当の先生方や、もう一人の審査員もいて、急いで荷物だけ部屋にあげ、それから打ち合わせを兼ねた食事会に出る。
 
 10時前にホテルに戻り、F女史に急かされている原稿をうんうん唸りながらせっせと書く。なんとか書き終えて、雑誌の編集の仕事も勢いに乗ってわっせわっせと進めていたら、気がつけば3時を回っている。いかんいかん寝なければ。明日はたとえどんなに芝居がつまらなくても(つまらないのもあるだろうが)観劇中に舟を漕ぐわけにはいきません。
スーパーひたち.jpg
「スーパーひたち」。2年ぶりに乗ったら、ついに全車両禁煙になっていた。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記