2010年11月22日

老い日記[249]――生誕18,817日/禁煙202日目

 ちょっと休憩のつもりが昨夜もそのままソファで寝てしまい、起きたら首が恐ろしくガチガチ。ただでさえ首凝りがひどいのに、どんより濃霧に覆われたような頭は、いつにも増して重く鈍い。この先、死ぬまでに「さわやかな朝」を迎えることがあるのだろうか。(たぶん、ない)
 
 午前中から会議のため西新宿へ。「演劇と社会委員会」。Sさん(東京演劇アンサンブル)ともども、芸団協のYさんと今後の展開についてあれこれ話し合う。しかし、「コミュニケーション教育」が今後、いったい全体どうなるのやら、民主党政権になって1年以上が経過するのに、政策の方向性は未だに見えず振り回されてばかりいる気がする。
 「事業仕分け」も「政策コンテスト」も、学生の学園祭のノリのように見えて「頼りねぇなぁ」と思うのは私だけ?とまぁ、庶民としてはぐちぐちぐちぐち、愚痴るしかないわけですが。
 
 夜は西荻窪の稽古場へ。今回はCAST8人だけという少数精鋭なので、ウォーミングアップなどもどこか閑散として少々寂しい。そんなことを思っているのは私だけ?そんなことより、さっさと先へ先へと進めばよろしい。ごもっとも。
可動式ホーム柵.jpg
 
山手線恵比寿駅の「可動式ホーム柵」(ホームドア?)はなぜか中途半端な長さで、設置されてないところも。なんで?どこかの国の文化政策のような。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記