2010年11月24日

老い日記[251]――生誕18,819日/禁煙204日目

 また風邪ひいた……。我ながら免疫力の低下に驚く。熱があり、目を動かすと眼底にピキッ、ピキッと痛みが走る。今日は午後、マッサージにも行ったというのに、肩甲骨、腰、首筋とあちこちの節々がめちゃくちゃ重く、鈍痛がある。典型的な風邪の初期症状。ヤバいヤバい、ホントに今、風邪をひいてる場合ではない。帰宅して風邪薬は飲んだが、免疫力・治癒力の著しく低下した今、いつまでウンウン唸ることになるのやら。
 
 会議のため午前中から新国立劇場へ。慌てて準備して飛び出し、ギリギリセーフか?と思っていたら10分遅刻。あちゃー。いつまでたっても読みが甘い。
 会議を終えた頃から、薄着で出てきたため「寒いなぁ」と思いながらも、「大丈夫、大丈夫だ、このあいだ風邪ひいて治ったばかりだ。俺の免疫力は上がってる」と根拠のない理由で我が身に言い聞かせていたのだが、もうガラクタです、我が体。そんな自己暗示など嘲笑うように「風邪」にあっさり負ける。
 夜、稽古場に着いた頃には背中に常に悪寒が走り、「あー、こりゃ、負けたな」と思いながら帰宅すると、待ってましたとばかりに熱がぐんぐんと上昇。今も頭はかなりふらふら。
 あー、しんど。あー、頭が痛い、目が痛い。
電線.jpg
大きな通りから住宅街に入ると、上空には雑然と無数の電線。これも東京、これでも先進国、と時々思う。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記