2010年11月27日

老い日記[254]――生誕18,822日/禁煙207日目

 朝10時から夜9時まで、びっちり「DOCS」の一日。
 午後1時までは戯曲講座。20歳の女子2名は、この土壇場に来て方向を見失ってしまう。戯曲を書き上げるのは確かに途方もない苦労を要するとわかっちゃいるが、気分はやれやれ……。来月の最終回で挽回できるのか?
 2時からはウォーミングアップをみっちりやって、『はなむぐり』のリーディング公演に向けての初稽古。いやぁ、手こずった新国立劇場研修所のリーディング公演から解放されてまだ間もないというのに、今回の手こずり度合いは前回の比ではないなと確信して、気分は「このまま帰っていいですか?」
 もちろん、若者たちの真剣な姿勢を肌で感じる投げ出すことなどできぬとはいえ、こちらも来月が発表会。どうなる?
 
 終了後はすっかりお決まりコースになっている地元サポーター陣+会館担当者陣とで打ち合わせを兼ねた飲み会。
 久々に生ビールを飲んでみると、普通にうまい。だが2杯目が欲しいとは思わず、「もうそんなに飲まなくていいっす俺」状態はさほど変わっていない。今月19日、G病院でY医師に「手術してから酒が飲みたいと思わなくなったんですけど、そういうことってありますか?」と聞きたがりの男が質問してみると、「関係ないと思いますよ」とあっさり。「それは歳を取って、そんなにそんなに飲まなくてもよくなったってことじゃないですかね」。なんと、ここにも「老い」が忍び寄っているとは……!
 
 午前1時前にホテルに戻る。数年前から広島では必ずこのホテルなので待遇もいろいろと取りはからってくれるようになり、今回もツインルームのシングルユース。圧迫感のない広い空間はそれだけでリラックス度が倍増するから、とても嬉しい。
 だが昨夜も今夜も、バスタブにゆたぁーっと浸かって上がってみると、なぜか敷いたバスマットがぐっしょり、ずぶ濡れ。水漏れ?たっぷり湯を張ると必然的にそうなる仕組みなのか? ……原因わからず。こういう事態に陥るとすぐさま、「広さよりトラブルなし、使い勝手の良さが最重要ポイントだろ!!」と部屋が広かろうが苛立ちのほうが勝つ。年寄りのわがまま?
イルミネーション(広島2).jpg 
イルミネーション増殖中イン広島。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記