2010年12月06日

老い日記[263]――生誕18,831日/禁煙216日目

 睡眠3時間半で7時起床。目覚めるやシャキシャキと体育会系若者男子のように機敏に準備して、朝食バイキングもしっかり食べて、8:10のリムジンバスに余裕を持って乗る。
 米子鬼太郎空港を後にして、機内では仕事のできるビジネスマンの如く校正ゲラを鞄から取り出し、膝に置いただけで睡魔に負ける。決して無理はしない。着陸までの1時間、ゲラは膝に置いたまま、しっかり睡眠時間だけを上乗せする。
 羽田からはマッサージの治療院に直行。なんだかもう「糠に釘」だが、努力は惜しまない。約1時間後、ほんの少しだけ身軽になった体を、帰宅するやパソコン前に猫背で張りつき、あっという間に元のガチガチ体に戻しておく。これだと、またいつでもマッサージに直行する甲斐があるというものだ。
 夜は西荻窪の稽古場へ。会話の新しい形を獲得すべく今日も飽くなき試行錯誤を繰り返す。地道な努力が何より肝要と我が身に言い聞かせつつ、時間だけは無情にもさっさと過ぎゆき、ほとんど先へは進まない。そうかそうか、もっと真剣に気合をいれなければ大変なことになりそうだな。そう、しっかりと今日の課題も心に留めて家路を急ぐ。
 ああ、なんと充実した一日。(泣)
鬼太郎2010.12.08.jpg 
鬼太郎と今度会うのはいつになるのやら。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記