2011年01月06日

老い日記[294]――生誕18,862/禁煙247日目

 10時半から場当たり。まずは昨日時間切れに終わったラストシーンを詰める。その後、午後になって冒頭から改めてテクリハを兼ねつつ、ぐいぐい進む。進みたい。進みたいが、たびたび停滞。どうしてもこの劇場空間でなければわからないことが多すぎて、そういう個所はやはり時間を食う。時間を食うが、ここは辛抱強く何度でも繰り返すしかない。「なんとかなるさ」は絶対に「なんともならない」。老いてはきたが、キャリアがあるぶん、そういうことだけは身に滲みてわかっているので、芝居のポイントとなる個所はこれでもかと繰り返す。おかげで場当たりは時間を食いまくり、7時前になってようやく終了。
 夜8時からゲネプロに突入。途中何度か止まるか?と不安だったが、意外にも止まることなく無事終了。みんな火事場の馬鹿力が凄い。人間、追い込まれると底力が出るもんですな。
 
 10時半に劇場退出。まっすぐ帰宅してパンフレットの文章書き&校正をこちらも何度も繰り返す。メールのやり取りゆえ時間のロスも多く、睡眠を取ることもままならない。千秋楽までまともに睡眠時間を確保できないんじゃないかと恐ろしい。
線路は続くよどこまでも.jpg 
線路は続くよ、どこまでも。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記