2011年01月08日

老い日記[296]――生誕18,864/禁煙249日目

 2日目にして1日2ステージ。初日の昨日もゲネプロがあったので実質2ステージ。開演してもハードな状況が続く。
 ところがどっこい、マチネではカーテンコールが鳴りやまず、なんとなんとダブルコールに。芝居は意外や意外(いえいえ案の定?)、好評好評、大好評の声が続々。翻訳家のSさんからは「英訳してイギリスで上演しましょう」とブラボーな提案までいただく。そうですとも。『蠅の王』の原作はイギリスの小説ではありませんか。俄然、強気な心がむくむくと膨れあがる。
 
 終演後、今日は広島の女優Tさん、熊本から来た大学演劇部の後輩Nらと少人数で飲みに出る。芝居のあそこがどーだこーだと、女性ならではの視点で捉えたダメだし意見があれこれ飛び交い、強気になっていた演出家の心は、「この芝居、まだまだじゃん」とみるみるしぼむ。
劇場内のチラシ.jpg 
劇場内に掲げられた公演フライヤー。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記