2011年03月01日

老い日記[348]――生誕18,916/禁煙301日目

 午前中から西新宿へ。日本劇団協議会理事会。慌てて家を飛び出し、駅のホームで時間を確認、なんとか間に合うなとホッとひと息ついたのも束の間、電車に遅れが……。結局、5分ほど遅刻。……いかんいかん。こうして失敗するたびに、1本前の電車を心掛けよう、10分の心の余裕を持とう、などと殊勝に思うのだが、次にはまた必ずギリギリ攻防戦に明け暮れる。たぶん、死ぬまでそんな人生。
 
 理事会後、中野のザ・ポケットへ。千秋楽の気合い入れ(開場10分前)に、こちらはギリギリ間に合う。
 今日改めて病院で診てもらった演出助手Oの足は予想通り、見事、靱帯断裂。晴れて松葉杖生活に突入。いよいよもって演出家は助手のお世話係に身を落とす。
 『R.P.G.』千秋楽。大きく崩れることもなく最後まで完走。おかげさまで評判も上々。皆さん、お疲れさま。足を運んで観てくださったお客様、お一人お一人に心から感謝を。
 
 終演後のバラシは劇団朋友にお任せして、お呼ばれ演出家はいったん自宅に帰って荷物を置き、それから新宿へ出て長年の付き合い俳優O、その息子U太とともに、U太の高校合格祝いの「iphone4」を買う。U太、高校時代は楽しいぞ。満喫して過ごせ。と、二度と青春を取り戻せないオッサンはプレゼントおじさんとなって少年に我が思いを託す。
 その後、中野に戻って、7時半すぎから打ち上げに合流。みんな、ドS演出家の罵詈雑言から解放されたためか表情が明るい。明るく、わいわい飲んでいる。1次会が終わり、「え?次、行かないんですか? 行きましょうよ」と若手にゴネられ、しょーがねーなと張り切って2次会の居酒屋に行くと、若手は誰もいない。おっさん&おばさんの高い平均年齢で飲み続け、終電ぎりぎりで引き揚げる。
RPGパンフレット.jpg
『R...』パンフレット。千秋楽、おめでとー。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記