2011年04月10日

無理なものは無理。――[388]生誕18,956日

 今回は本気で白票を投じようかと思った都知事選。
 いったいどれほどの差で勝つのか、それだけが焦点だったが、予想以上に現職の圧勝。それほどに今の都民は変化を求めていない。それは民主党に見た夢に破れたからか?
 それとも大震災で保守の気持ちが強まったからか?
 いずれにしても石原知事はこれで4選。長期政権が続く。
 
 美術家Iさんが急いで上げてくれた修正美術プランの平面図に基づいて今日は稽古を進める。やってみると、割とスムーズに進む。そうそう、そうだよ、何事もやってやれないことはない。ずいぶんと明るい兆しが見えてくる。
 ウエスタン俳優Nさんはやる気満々でウォーミングアップから参加、昔取った杵柄で腹筋・背筋・腕立て伏せといった肉体訓練も難なくこなすが、たちどころに顔が真っ白になり、貧血にもなる。Nさん、ほどほどにお願いします。汗がすごいです。
 と言いつつ、老体演出家も肉体訓練隊長を務める若手Sの「はい、次の腕立て伏せは顎を床につけてください」といった指示に、きっぱり「断る」と口にしてマイペースで我が身の体と向き合う。隊長、やっぱりできないものはできません。(泣)
都知事選.jpg 
選挙会場が暗いのは節電か、それとも東京の先行きを暗示してるのか。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記