2011年05月11日

こんな経験するなんて。――[419]生誕18,987日

 稽古場帰りの夜11時頃、ようよう家の前にたどり着いて青ざめる。嘘……嘘だ。嘘だろ。……家の鍵がない。
 途端に頭をフル回転。鮮やかに浮かぶ着替えの瞬間。そうだ、稽古着を入れて置きっぱなしにしているバッグの中だ。十中八九稽古場に忘れてきたと確信。もちろん引き返しても稽古場には誰もいない。鍵も掛かってる。開くのは明日の11時。
 改めて事実を深く認識し、ドアの前で立ち尽くす。手にはコンビニ袋、提げてるし。「こちらは温めますか?」「あ、そのままで」。どうやって食うんだ、ドアの前にはレンジはないぞ。おまけにアイスクリームまで買ってる、このどアホ。
 落ち着け、落ち着け。そうだ、大家が5階に住んでる。顔を合わせたことはないが、非常事態だ、突撃だ。エレベーターで5階に上がり、意を決してインターホンを押す。……静寂。再び、押す。再び……静寂。そうだ。と、よからぬことを思い出す。大家は確か、小田原在住……。このマンションで過ごすのは月末だけと管理会社が言っていた……。
 万事休す。ちょっと前に「我、窮地に陥る」を知らせるメールを送っていたベテラン俳優Oから、「じゃあ、マン喫?」と返信が来て殴り殺したくなる。マン喫、足を踏み入れたこともない。しょうがない、ホテルに行くしかないなと財布の中身を確かめ、敗北感を全身にまとって我がマンションを後にする。
 
 で、今、これを事務所のパソコンで書いてます。そーなんですよ、事務所が近くにあるのをパニック頭は忘れてました。とはいえ、敗北感は拭えない。ここには風呂もないし、テレビもつかないし(あるけど室内アンテナに繋いでない)、何より資料がないので書き物仕事ができません……。
 
 まさか、我が身がこんな経験をするとは。ドジなだけの話ではあるが、精神的ダメージはかなり大。
 思い返せば、1年前の今日は癌手術のため入院した日。「5・11」は自宅に泊まれない宿命なのか?
 などと思いつつ、今からでもホテルに行くべきかどうか、まだ迷ってる。悲しいです。
ここで一夜を……….jpg
ここで一夜を過ごすのも哀れ。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記