2011年08月03日

いと哀れ、いとをかし。――[503]生誕19,0681

 仕事に追われ徹夜明けのまま早朝ランニングに出るが、体も頭も重く、30分を過ぎても調子は上がらず。ここで無理をしては体に障る。いやいや、きっちり予定の距離を走破しなければ。寄せては返す心の葛藤の果てに、無念、45分で切り上げる。……負けました、オノレに。やはり、これは徹夜のせいだ。決して体力の衰えであるはずがない。必死で自己弁護を繰り出すオッサンの姿は朝っぱらから、いと哀れ。
 
 このところの減量作戦停滞は、不規則な生活が原因だと、はたと気づく。そうだ、「睡眠不足は太る」と言うではないか。誘惑に負け食欲を存分に満たしてリバウンドしたのなら自業自得だが、仕事に追われ睡眠不足で体重まで増えたんじゃ割に合わない(自業自得には変わりない)。こうなったらいっそ、甘いものや脂っこいものを存分に食べたほうがマシじゃないか。本気で葛藤する中年オヤジの悩みは、いとをかし。
 
 夜、『誰も見たことのない場所』の稽古は、後ろ3分の1のパートを2回、止めつつ通る。流れはずいぶん良くなりつつあるが、濃密な空気感にはまだまだ。「はっとする言葉」をどれだけリアリティをもって届けられるか。
 「締め切り、近いですよ」「初日、近づいてますよ」。この言葉に、ぐうたら演出家もはっとしなければ。
夏はどこへ行った?.JPG
真夏日がめっぽう少ない。夏はどこへ行った?
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記