2011年08月05日

そりゃないよ。――[505]生誕19,0682

 今日も『誰も見たことのない場所』は通し稽古。昨日、ほぼ難なく最後まで通れたことに俳優陣もあぐらをかいたのか、今日の通しはやたらと粗が目立つ。
 「おいおい、そりゃないよ、気を抜くなよ」と思いつつ、やはり高い集中力をキープするのは事ほど左様に難しいのだと痛感。そうなのだ、恐ろしく山積みになっていく書き物仕事も我が身の集中力のなさゆえなのだ、改めてそう思い至るが、もちろんこちらは見て見ぬ振りを貫き通す。
 
 朝から会議で西新宿。寝ぼけた頭に疲れた体を引きずっていき、ハイハイお仕事でっせ、と無理やり頭を働かせる。
 気のせいか、このところベッドで睡眠を取るほうが目覚めたときの疲れが激しい。休憩休憩とソファでいつのまにか眠りに落ちて目が覚めて、ああ、首が痛い、腰が痛いとボヤいてるときのほうがまだ疲労感が少ないように思う。なぜだ?よし、ちゃんと寝るぞと勇んで眠ったときのほうが疲れるなんて、おいおい、そりゃないよ。これは何かマズいのではないか。我が体、何かが大きく狂い始めているのではないか。不安に駆られるものの、たぶんこうしたグダグダ生活が我が身に合っているのだと、何の根拠もないのに自らを納得させる。ああ、目覚めてスッキリ爽やかという遠い昔に帰りたい。(帰れません)
ぼんたんニーチャン.JPG
こういうファッションとはこれまで無縁の人生、たぶんこれからも。冒険、してみる?
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記