2011年08月20日

ゲネプロ × 3。――[520]生誕19,0695

 12時からゲネプロ。その後、長々とダメだし、小返し。4時45分から2度目のゲネプロ。再び、ダメだし、小返し。8時から、ついに3度目のゲネプロ。三たび、ダメだし、小返し。
 ……疲れました。それでも文句一つ言わず食いつてくる若者に感心しつつ、鬼の演出家は雄叫びをあげ続ける。「なんでそこで泣けないんだよ」。やってみせました。「もっと思い切り叩きつけるんだよ」。やってみせました。独り、友情に涙し、独り、怒りを爆発させ、独り、燃え尽きる演出家。まるで演出家ワンマンショーのような小返し稽古。いいのか、こんな稽古で。
 「男は単純だ。男は計算しない。男は笑える。男は口下手だ。男はつるむ。男は女に弱い。男は張り合う。男はサイテーで、そして、男はサイコーだ。男ですいません。」
 これ、缶コーヒー「ジョージア」のCM。まさに『俺たちの甲子園』はこんなワールド。いよいよ、明日は本番。若き男の子どもよ、サイテーでサイコーの男になってくれい。
客席でメイク.JPG
 
客席で大人の女に変身中。左から18歳、22歳、19歳。女は男と違って、たちまち大人に化ける。怖い怖い。

明日が本番.JPG
いよいよ幕が開きます。

posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記