2011年09月12日

また癌になっている?――[543]生誕19,112

 9時前にはチェックアウト。キャリーケースを引きずりつつバスセンターに向かっていると、「DOCS」地元トレーナーのTさんの車が通りかかり、「乗ってください」。
 ほいほいとお言葉に甘えて空港まで送ってもらう。なので空港までの道のりは広島の演劇事情などについてあれこれ話し、そのぶん機内では爆睡を決め込む。約1時間は、がっくんがっくん頭を大きく揺らしながらも、ひたずら目を閉じ続ける。
 いったん帰宅し、書類仕事をバタバタ済ませ、ウォシュレットの取り付け工事に立ち会い(なんと便座が割れた!)、それから『幽霊人命救助隊』の稽古で西荻窪へ。
 
 広島にいようが東京にいようが、追い込まれる日々は変わらない。たぶん、また癌になっている。ような気がする。いや、間違いなく、なっている。そう思いながら、できることを少しずつでも前へと進める。
 稽古は夜10時に終了。それから美術家Mさん、照明家Iさん、音響家Kさん、大道具製作のSさんを交えて、スタッフ会議。未だ全貌が見えない状況ながら、これまた詰められるところを入念に詰め、11時半過ぎに演出家は稽古場を出て、今日も帰宅は午前様。
 予想通りとはいえ、我が劇団メンバーの女優Sと天敵Oが客演していた芝居はついに観に行けず。すまん。
 ……ああ、ただの行動記録日記だ、これ。すまん、癌に蝕まれているもんで。
原爆ドーム2011.09.12.JPG
アメリカ「9.11」から丸10年が経過。
こちらは正真正銘の、日本のグラウンド・ゼロ。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(2) | 日記