2011年11月04日

頂上の見えない山登り。――[596]生誕19,165

 昨日の強行スケジュールが尾を引いているのか、今日は一日じゅう全身が鉛のように重い。もちろんマッサージなんぞに優雅に行ってる暇はないので、大リーグ養成ギプス(懐かしい単語!)を装着している気分で、頭部、肩、背中、腰にたっぷりと鉛の負荷を味わいながら芝居にのめり込む。
 初日まで、あと12日。しかし、まだまだ全貌は見えず。見上げても見上げても頂上の見えない山登り。
 
 解離性動脈瘤で一跡二跳の創立メンバー・Hが倒れてから15日が経過。呼吸器で喉が腫れたため気管切開をしたそうだが、来週早々にも一般病棟へ移れそうとのこと。少しずつではあるが、確実に快復の途についている。よっしゃ。今後はリハビリだ。頑張れ、H。
広告、ほぼゼロ。東西線神楽坂。.JPG
広告がほぼゼロの地下鉄ホーム。なんだか不気味。いつになったら日本経済は上向くのか?
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記