2011年12月04日

どすどすどすどす。――[626]生誕19,195日

 善福寺川の樹木の葉は個体差が激しい。まっ黄色に色づいている木もあれば、目に眩しい緑のままの木も少なくない。今年はホントに季節の移ろいがふらふらしていて頼りない。
 冬は長距離走の季節。日曜日ということもあってランナーがあっちにもこっちにも。すれ違ったり、追い越されたり、追い抜いたり。みんな自分のペースを守りつつ快調に駆け抜ける中、未だに本調子に戻れないオッサンランナーは、どすどすどすどす軽い地響きを立てるほどに体は重く、ピッチも守れず、ただひたすらに耐え抜いて1時間ちょっとを走り抜く。
 
 夜は数日前にメールのあった俳優修業中のK、我が劇団の新人女優Hと食事に出る。この二人は広島DOCSの同窓生ということもあって共通話題が多く、7時過ぎに店に入り、結局閉店の11時半まで、ひたすら食べて喋って、喋って食べる。
 食したのは塩味の「もつ鍋」。具材を追加注文し、締めの「おじや」を食べる頃にはスープが煮詰まりすぎて、しょっぱいスープご飯のようになっている(それでも美味かったが)。
 
 順調と思えた雑誌の進行が原稿が届かず止まった。もしもし、ライターのHさん、シカトしないで原稿の進み具合を連絡してください。ばっくれたくなる気持ちは大いにわかるけれど、やはりシカトはいけませぬ。よろしく。
 ついでに個人連絡ながら、我が姪っ子のMよ、一度我が劇団のアドレスにメールしておくれ。叔父さんはもっと近況を知りたいので、よろしく。
  onetwoworksinfotemp@yahoo.co.jp
公園の紅葉.JPG
近くの公園の紅葉。日を浴びて神々しいほどに美しい。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記