2011年12月11日

遠くなったロンドン。――[633]生誕19,202日

 在外研修の成果公演、『ポルノグラフィー』を恵比寿エコー劇場に観に行く。この芝居、2005年7月のロンドン同時多発テロまでの数日間をさまざまな人の立場で描く。テロ勃発当時、そのロンドンに留学中だった我が身にとっては、鮮やかに脳裏に蘇ることが多く、観ていて懐かしい思いにすらかられる。我が身がそうであったように、いろんな立場の人がさまざまな思いを抱えて、「あの時」を迎える。そして、「その時」がそれぞれの人生に刻みつけられていく。
 芝居の出来としては手堅いが、演出がやや前に出すぎている印象。もう少し、俳優勝負に徹してもよかったのではないか。演出の手が見えすぎる舞台は、どうにもかっこ悪い。そう思うようになったのは歳を取った証拠なのか?
 
 観劇後は同行した我が劇団のメンバー3人と茶飲みに流れる。観たばかりの芝居の話をあれこれしていると、若手は口をそろえて「難しかったです」と言うのだが、この言葉に接するたびに腹が立つ。あのねぇ、それは君が無知なだけだよ。芝居は無知な人のためにあるんじゃないんだよ。そう思って苛立つオッサンは、ここぞとばかりに講釈を垂れる。あー、うざい。
 振り返ってみれば、留学から戻って以降、一度もロンドンに行っていない。留学前はほぼ毎年のように出かけていたのに。すっかりロンドンは遠くになりにけり。
 
 帰宅後、今日は真面目にミュージカル『二十四の瞳』の最終稿に時間を割く。真面目にというか、ただ追い込まれているだけなのだが、わっせわっせと頭をフル回転させて、146ページあった台本を27ページもカットする。これでなんとか、上演2時間に収まるはず。これでプロデューサーNさん、無事、お役ご免の脱稿ですよね?
コントラストが鮮やか.JPG
コントラストが鮮やか。自然の舞台にはかなわない。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記