2012年03月11日

黙祷を捧げる。――[724]生誕19,293日

 千秋楽。原発問題をテーマにした今回の『ジレンマジレンマ』、すべて終了。奇しくも千秋楽が「3・11」からちょうど1年後にあたり(そのことも一因となって、このテーマにせざるを得ない気持ちが働いた)、今日のカーテンコールでは客席の皆さんと一緒に1分間の黙祷を捧げた。
 「2時46分」のそのときは昼公演の上演まっただ中だったわけだが、あらぬ事を考える演出家は、その2時46分ジャストに突然、時報を効果音で出して芝居をストップモーションにしてやろうかとも考えたのだが、それではあまりに唐突すぎるかと思い直し、終演後の黙祷にした次第。

 被災地の復興はまだまだ、道遠し。国も東電もいい加減に腹をくくって本気で取り組んでくれ。

 終演後、劇団メンバーがバラシにかかる中、役に立たない演出家は広島から観に来てくれた面々と今年の「DOCS」の打ち合わせ。こちらも取りまく環境は厳しく、縮小傾向にならざるを得ない模様。それでも後進育成は大事。

 次の世代に何が残せるのか。去年の「3・11」以降、そのことをますます真剣に思うようになった。

 夜8時から打ち上げ。よほど憂さが溜まっていたのか(特に俳優陣)、みんなよく食べ、よく飲み、よく「大変だったね」といたわり合っている。そのままの勢いで2次会も同じ居酒屋に居座り続け、午前3時前に散会。今公演、初めてタクシーで帰宅する。

 お疲れ様でした。
忘れてはならじ。.JPG

忘れてはならじ。決して。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記