2012年03月12日

打って出る。――[725]生誕19,294日

 ひと公演終わっても、ハイ次、ハイ次とせき立てられるように前を向く。日中の片付けは劇団メンバーに任せて、一人せっせと来年度のレジメづくりに精を出す。

 余韻に浸っている暇はない。ちょっと息抜きの時間も要らん。このパワー、いつまで続くかわからんが、現役でいられるのもそう長くはない。やりたいことは迷わずやれの精神で、がむしゃらに打って出ることにする。貧乏性か。

 夜は劇団の会議。片付けで疲れ果てているメンバーを前に、座長一人が熱二浮かされたように語りまくる。この男、公演疲れを引きずって、そのままハイ状態になっているのか。
名前入りタオル.JPG

公演中、名前入りタオルをもらいました。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記