2012年03月18日

肩のてっぺんに激痛。――[731]生誕19,300日

 この1週間で3回目のマッサージに行く。前2回でずいぶん楽になっていると思っていたのだが、いざ押されてみると肩のてっぺんに激痛に近い痛みが走る。腰の辺りも凝ってる部分が前より広域になっていて、ぐい、と指を食い込まされると思わず飛び上がりたくなる(実際、のけぞった)。後頭部もぐりぐりされるたびに、ピリピリと電気が走る。

 これはどういうことか。老い、なのか。このまま凝りが全身に広がったら、いったいどういうことになるのか空恐ろしい。

 朝、ベッドで惰眠をむさぼっていると携帯電話が鳴る。バシッと目が覚め電話に出ると、「声優事務所に入れる内定をもらいました」と俳優Tの声。「よかったじゃん、おめでとう」などともぞもぞ話して電話を切って時計を見ると、朝の6:40だと。

 おいおい、寝たの4時半だよ、勘弁してくれよと思うが、よく電話に出たな俺、とそのことに驚く。朝早くに目が覚める、これも老いなのか。
季節が1カ月ほど遅い.JPG

今年は季節が1カ月ほど遅い。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記