2010年10月15日

老い日記[211]――生誕18,779日/禁煙164日目

 爪が生き返っている。左足指の爪が、どうも再生し始めている気がする。まじまじと観察しないので100%の確信はないが、黒い部分が減っている。というか、ぽろりと剥がれ落ち、慌ててかぶせた爪がそのままくっついていることに驚く。とはいえ、ホントにくっついているんだろうなと触って確かめる勇気はないので推測ではあるが。

 

 昼前から会議のため西新宿へ。コミュニケーション教育について。予想以上に時間がかかり、終わったのは2時前。学校教育……なかなか一筋縄ではいかない。
 その後、雑用を済ませた後、珍しく時間が空いたので(執筆しなさい、執筆を)、喫茶店でゆるりとコーヒーなんぞ飲みながら、我が身が編集長を務める雑誌を読み返していたら、間違いを発見。しかも、かなり痛いミス。慌ててデスク担当のTさんに対応策を電話。いかんいかん、新鮮な気持ちで常に緊張感を持って仕事に臨まなければ。失った信用は、爪とは違っておいそれとは再生してくれない。自戒自戒。
ubNWbN.jpg 
こちらは、ついに完結(たぶん誤植もない)。それにしても浦沢直樹作品にも思うが、連載ものの終わらせ方ってホントに難しいんだなぁとやりきれない気分になる。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: