2011年01月28日

老い日記[316]――生誕18,884/禁煙269日目

 昨日の願いも虚しく、新燃岳が再び噴火。ついに溶岩ドームが出現、火砕流まで発生。大丈夫なのか、我が故郷。宮崎市や都城市はニュースで中継が入るのだが、生まれ育った小林市は新燃岳により近いのに、ド田舎なのでマスコミが寄りつかず様子をまるで伝えてくれない。
 鳥インフルエンザのほうも収束どころか、新たな町へと拡大する一方。昨年の口蹄疫の牛に続いて、今年は鶏が壊滅的打撃を受けそうな気配が濃厚になってきた。インタビューを受けていた酪農家の人の言葉。「宮崎は呪われてるんですかね」。自然の前では人はこれほど無力。どうかどうか、宮崎県下も鹿児島県下も、これ以上被害が拡大しませんように。
 
 夜は西荻窪で稽古。無謀を承知で冒頭から90分ほど通す。通してみて、やはり無謀だったかと思い知る。やはり時間をかけて少しずつ少しずつ前進するしかありませぬ。今日はダメ出しの時間がほとんど取れず、ドS演出家は体に溜まった鬱憤をどこにも吐き出せないまま10時過ぎに帰路に就く。
 帰ったら勇んで書類仕事に取りかかるが、既にご老体のオッサンは体がへろへろ。いかんいかん、体力体力と飯を食えば、途端に眠くなって仕事にならない。アホである。
RPGフライヤー.jpg 
R.P.G.』フライヤー。赤が効いている。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: