2011年04月21日

時間感覚を失っている。――[399]生誕18,967日

 「リココデ」が多少効いて熱は治まったものの、まだまだ体は本調子にあらず。そうなんですね。薬ももうなかなか効かない歳になったんですね、と我が身に愚痴りながら、だるさをたっぷり引きずったまま、朝から会議で西新宿へ。
 「前回の常務理事会は地震の日でしたからね」
 K事務局長の言葉にハッとする。そうだ、月イチで開かれるこの会議、前回は確かに「3・11」であった。あの日の午後のマグニチュード9.0を境に、我が国は大きく変貌し、今なお先行きはまったく見えていない。前回の会議と今日の会議の間にあまりに途方もないことが起こりすぎていて、時間の感覚をすっかり失っていることに気づく。
 
 今日も稽古はウォーミングアップを見送る。ホントにずるずると、ずるずるとしか回復しない。目覚めれば一気にスッキリ、というのは若さの特権だったんだなぁと、しみじみ思う。
 そういえば今日、広島のTさんからネオシーダーが大量に届く。計14個。そうか、西のほうにはあるんですね。東京でも一時期すっかり姿を消した食料や生活物資と同じ状況なんですね。(ネオシーダーは食料でも生活物資でもありません)
 ともあれ、助かります。感謝感謝。これでまだしばらく頑張れそうです。(なくても頑張りなさい)
救援物資?.jpg
救援物資?
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: