2011年08月25日

「追い込み」と「もたもた」。――[525]生誕19,0700

 昼過ぎには田無に向かい、3時から昨日に続いて『誰も見たことのない場所』通し稽古。昨日、ベテランの力に感心していたら、客演Fさん、セリフが出てこない。慣れてきたと思えば、こんなこともあるのだね。油断大敵。
 舞台監督のKさんに「今日はダメ出し、6時までに終わってもらえると嬉しいです」と言われ、即答で「了解」と答えながら、痴呆症の演出家は6時半までたっぷりダメを出し続ける。
 
 劇団メンバーがバラシ・積み込みにかかる中、「それじゃ、よろしく」と先に退出するが、自らの長いダメ出しで時間に余裕がなくなり、電車とタクシーを乗り継いで西荻窪へ。
 ダブルヘッダー2試合目の『幽霊人命救助隊』は一昨日の続き。ああ、いつになったら立ち稽古が始められるのやら。スタートのつまづきが未だに取り戻せずに、もたもた。
 10時に稽古を終えて帰路につき、すぐさまパソコンに向かうがこちらも、もたもた。既に深夜だというのにパッキングも何もしてない。もたもた人生。
捨てられたダーツ盤.JPG
捨てられたダーツ盤。もう誰も、私のハートを射抜いてはくれないのね。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: