2011年10月31日

放射線に軽くビビる。――[592]生誕19,161

 「いわきアリオス」館内のレストランでの昼食時、Iさんが「持ち歩いてるんですよ」と言って取り出した線量計測器をテーブルに置くと、「1.6」という数字が表示されて軽くビビる。こうした数字を毎日毎日毎日気にしなければならない生活とは、いったいどんな暮らしなのか。「気にしたってしょうがない」で済まされるわけがない。原発の代償はあまりに大きい。
 
 今日は4本、観劇。午前・午後、それぞれ2本ずつ。割とゆるやかなスケジュールなので睡眠不足にもかかわらず、なんとか持ちこたえる。平板な芝居だと瞼がだんだん重くなってくるのだが、今年は震災・原発絡みの芝居が目につき例年以上に興味深く、しっかりと見入る。偉いぞ、審査員。(仕事です)
 昨日のと合わせて計7本を見終わって、すぐさま審査。Iさんと意見はほぼ一致。あっという間に上位4校を決める。
 審査結果は閉会式で発表されるのだが、上位大会に出場できるこ1位・2位・3位の学校も、発表の瞬間に歓声が上がることはない。たぶん、先生方から「はしゃぐのはやめましょう」といったお触れが出ているのだろうと思うが、なんとも味気ない。おおおお!きゃあああ! やったああああ! 我が身もその昔の高校時代、県大会で最優秀(1位)を聞かされた瞬間に勝利の雄叫びを上げまくっていた。いつからそれが、どんな理由で「控えましょう」ということになったのか。
 
 閉会式後は上位3校の楽屋をそれぞれ回ってアドバイスの時間。Iさんはさっさと終わらせていたが、我が身はねちねちと細かいところまで根掘り葉掘り言いまくるので、どんどん時間が過ぎる。はた、と気づいて時計を見れば、切符を買っている帰りの「スーパーひたち」出発時刻の15分前。
 あちゃー、間に合わない。半分諦めつつ駅まで送ってもらうと、19:13発に辛うじて間に合う。福島は行きも帰りもぎりぎりの攻防戦。21:34上野着。自宅には23時頃に帰り着く。帰ってみれば、体はどろどろに疲れている。はあああー。
車窓に映る自画像.JPG
車窓に映る自画像。めっちゃ、すいてました。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
自画像、確認できません…そして、死に顔にピースも、言い訳無しで(ごめんなさい)見に行くことができませんでした。本当にごめんなさい。

震災関連一色になる世間その他が、どうなんだろうって思います。
Posted by 森節子 at 2011年12月02日 01:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: