2011年11月26日

太る広島。――[618]生誕19,187日

 広島「DOCS」も今年は今日・明日の2日間と12月の本番を含む3日間を残すのみ。
 朝は10時から戯曲講座。若き作家の卵たちはなかなか先へ進めず、来月はリーディング発表だというのに、まだ影も形もない。それぞれ産みの苦しみを味わっているのだろうが、苦労の末にようやく新作公演を終えたばかりの老獪劇作家は、「何を書きたいの?」「とにかく最後まで書いてくれ」などと、ついこの間までの自分にはとてもじゃないが聞かせられないようなセリフを顔色ひとつ変えず、まくしたてる。この男、どこまでも面の皮が厚いです。
 
 午後2時からは『修学旅行』の稽古に突入。ようやく初演の芝居とは違うムードができつつあるが、細部にダメを出し始めると何度も同じ所を繰り返すことになり、なかなか先に進めない。しかしそれでも辛抱強く繰り返すしかないので、「オバサンになってるよ、これ女子高生の芝居だよ」「ねぇねぇ、なんでそんなに機械的にセリフが言えんの?」と、優しく優しく毒をはき続け、結局半分ほどしか終わらない。
 
 9時前に終了して、いつものように地元サポーターの面々と飲みに出る。DOCSのメンバーについてあれこれ話し、どうでもいいようなバカ話に盛り上がり、12時を回る頃に「よっこらせ」とすっかり重くなった腰を上げる。
 それにしても広島滞在中はホテルで朝食を摂り、昼は若者とコンビニに行き、夜はアルコールも入りつつ居酒屋でたらふく腹を満たす。太るに決まってる。そんなに目先の食欲に負けていいのか?え?
広島のイルミネーション.JPG
広島のイルミネーション。そういえばクリスマスまで、あと1カ月。我が人生にはまったく関係ないけど。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: