2011年12月24日

闘え、罵れ、ガチで殴れ。――[646]生誕19,215日

 夕方になって稽古中に、「あ、体調が元に戻った」と実感する瞬間があり、ようやく風邪から快復。辛かった全身の節々の痛みからも解放されて、ひと安心。よかった、よかった、これで心置きなく毒が吐ける。(おいおい)
 
 今日も朝から晩まで南区民文化センター。午前中の戯曲発表リーディングでは、昨日にも増して28歳男子S君の戯曲に罵倒するがごとくダメを出す。これは体調が悪いゆえの八つ当たりではないのか?と我が身を顧みるが、いやいや、すべてはひとえに才能あるS君の未来のためと心を鬼にして事細かにぼろくそに言う。(おいおい)
 『修学旅行』の稽古は主役の女子5人に「闘え、罵れ、ガチで殴れ」とばかりに煽り立てながら、やはり後半部分に熱を入れ、夜に通し稽古。ようやく形になってくる。テクニカル(照明)にやや不安は残るものの、さあて明日は本番。「頑張ろー!」と気持ちをひとつにして、今日も夜10時近くに、しんしんと冷え切った寒空の下、解散。
 
 夕方から広島市内でも雪がちらつき始め、とっても迷惑。「クリスマス寒波」とニュースは伝えていたが、いつからそんな気象用語ができたんだ?ホワイト・クリスマスなんてホントに体に悪い。どうか少しでも暖かくなってくれいと祈るが、雪は舞い続ける。山間部は相当積もるんじゃないかと危惧する声が飛び交い、皆早々に帰路につく。よって今日も居酒屋へは流れず、コンビニに立ち寄ってホテルに退散。
 部屋に戻ると、テレビではちょうど全日本フィギュアで小塚選手のフリーが始まるところ。おっ、と思って思わず見入る。小塚選手もまずまずの出来で期待が高まり、いよいよ真打ち・高橋大輔登場。芸術性が一人図抜けてるんだよなと思いつつ、ミーハー心理丸出しで食いついて見ていたら、なんとジャンプで3回も転倒。それでもショート・プログラムでのリードで逃げ切って優勝。「3コケはダメですよね」と本人もインタビューで語ったが、3コケで優勝なんてアリなのか?
 確かにショートは4回転・3回転のコンビネーションジャンプを完璧に決めて圧巻だったが(昨夜、youtubeで観た)、こんなにベテランになっても、世界トップにまで上り詰めても、やっぱり緊張するんだとその事実に愕然となる。やはり精神をコントロールできなければ栄光は手に入らない。(とても我が身には無理です)
明日は本番.JPG
明日は本番。若者たちが緊張しませんように。(おまえもな)
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: