2012年02月15日

毒が毒を呼ぶ。――[699]生誕19,268日

 歯医者に行く。今日も前回同様、クリーニングして抗生物質を詰め込んで、ものの2、3分で終了。通うのに往復約1時間。治療3分。う〜む。致し方ないとはいえ、「効率」の2文字が頭をよぎる。

 治療後、「次回ですが、来週は空いてますか?」と言われ、たぶん来週は『ジレンマジレンマ』の修羅場に違いないと踏み、再来週の劇場仕込みの日に予約する。この日に余裕しゃくしゃくで歯医者に行ける状態であることを夢見つつ。

 稽古場では決して焦りからくるストレスのせいではないと思うのだが、客演に対しても演出家は毒を吐き始める。いかんいかんと思いつつ、口が止まらない。だって、なんでそんなに変わらないの?だって、なんでそんなにつまらないの? 毒が毒を呼び、手がつけられない。誰か、この口を塞いでくれ。
男ですいません。.JPG

「男ですいません。」シリーズはお気に入りのCM。ところがこれが「男性差別」だとして不買運動をけしかけてる人たちもいるという。そんなクレーム、あり?そんなにキュウクツな世の中にしてどーすんの? わからん。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: