2012年04月24日

美術に頭を悩ます。――[768]生誕19,337日

 新国立劇場『負傷者16人』を観る。極めて硬派。パレスチナ人の抱える憎しみ、つまりは民族間対立の歴史を、パン屋の主人(ユダヤ人)とそこで働くことになった青年(パレスチナ人)の物語として描く。
 以前、『アラブ・イスラエル・クックブック』を演出した我が身としては、2人の抱える憎しみ・葛藤の理由が類型的で浅い印象を受けるのは拭えないが、それでもひりひりとした出口のない感情のぶつかり合いは見応えがあり、胸を打つ。

 ただ、脚本に不満もある。あのエンディングはやはり作者が所詮、第三者的立場でしかないアメリカ人だから書けたのではないか、と。そこは見解が分かれるところだろうが、これは観ておくべき芝居。

 午後、舞台美術家Iさんと『みんな豚になる』の打ち合わせ。今回、2劇場で公演するのだが、先に上演する劇場に奈落がないので、美術を一部変えなければならず、そのことだけにあれこれと頭を悩ます。ホントに演劇は経済効率が悪い。
底知れぬたくましさ.JPG

底知れぬ逞しさ。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記

2012年04月23日

忍耐の人になる。――[767]生誕19,336日

 1週間が早い早い。え? 前回行ったの3日前くらいじゃなかった?と時間に置いてきぼりを食らったかのような感覚で、午前中からバスや電車を乗り継いではるばる小手指のS高校へ。
 担当のY先生が頑張って階段のセットを叩いてくれたので、今日から実寸通りの稽古に突入。
 でもって、とりあえず最後まで行きたい気持ちを曲げて、頭から動きを整理しつつ進めるが、案の定、遅々として先へ進めない。いちいちしょーもないことで止まるので、同じ所を繰り返し繰り返し、ぐっと忍耐の人になる。
 「動きたいように動いてくれ。とりあえず流れはつくるけど、これは振付じゃないからな。やってたら、あ、こっちに動きたくなっちゃったっていうの、全然OKだから」
 必死に優しい言葉で諭そうとする我が身がけなげ。

 しかし結局、3分の1も進まず、まだまだ先は遠い。忍耐の日々もまだまだ続く。

 このところ月曜はダブルヘッダー続きで、今日も小手指から小旅行で阿佐ヶ谷に舞い戻り、劇団の基礎稽古へ。
 こちらも先週同様、若手を相手に罵詈雑言を浴びせつつ忍耐の人になる。……って、罵詈雑言を吐いた時点で忍耐とは言いません。

 ともあれ、長期戦を思わせる闘いの終わりは見えない。
この広告、まだ必要?.JPG

この広告、まだ必要?
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記

2012年04月22日

カニ汁に満足。――[766]生誕19,335日

 米子の照明家・Mさんが今年も蟹を大量に送ってくれた。ありがたや、ありがたや。Mさん、いつもすみません。
 で、早速カニ汁を作って食す。作るといっても味噌を溶いた鍋に長ネギと蟹をぶっ込むだけの超簡単レシピ。しかし、これがなんとも美味い。カニの身そのものは味が淡泊でさほどおいしいとは思わないのだけど、蟹のエキスがたっぷりと染み出たカニ汁はメチャクチャ美味い。何杯でもいける。心ゆくまで堪能しました。Mさん、また送ってください。(おいおい)
 
 体の重さ、というか首筋・肩・背中が重さを通り越して恒常的に痛い状態がなかなか改善せず、今日もマッサージに駆け込む。今日は首筋だけでなく、首の前のあたり(つまり、顎の下)もグリグリやられたのだが、痛いのなんの。知らないうちに凝りはこんなところにまで広がって、とんでもないことになっているのだと自分でも驚く。これからさらに凝りが広がったら、我が体はいったいどうなってしまうのだろうと末恐ろしい。
 
 フランス大統領選。サルコジ現職はたぶん負ける。そしてたぶん、世界情勢は去年よりさらに大きく変わる。そして恐らく、我がニッポンも知らないうちにとんでもないことに……とならないよう、しっかり目を凝らしておくことにする。
瞬き禁止。.JPG
瞬き禁止。それは無理。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記

2012年04月21日

十分おまえは考えた。――[765]生誕19,334日

 『産まれた理由』の取材会議。具体的な個人名・団体名が取材先として挙がってきてはいるが、まだ方向性はしっかりとは定まらず。そもそも取材してみなければわからない、というものではあるものの、今ひとつ散漫で風呂敷を広すぎているのではないかと不安が拭えず。
 やはり、ドキュメンタリー・シアターは具体的な事件・事故・現象に的を絞ったほうが上手くゆくのか?
 そ
れこそ以前劇作家のSさんに原発をやってくださいよと盛んに背中を押され、我が身にも「やらなきゃな」という思いはあるのだが、こちらも「下手に触れないぞ、よっぽど勉強しなければ」と、二の足を踏んでいる。

 とはいえ、もはや突っ走るしかない。ぐだぐだ頭で考えるより、ヨシもう十分だ、十分おまえは考えた。そう我が身に言い聞かせて前を向くことにする。
シャネルのオブジェではない。.JPG

シャネルのオブジェではありません。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記

2012年04月20日

エンジェル、現る!――[764]生誕19,333日

 「エンジェルはどこに?」と1週間ほど前に書いたのだが、早くもエンジェル数名、現る!
 
 今、大統領選で苦戦しているサルコジさんのごとく、「我がワンツーワークスを応援してください」という誠に厚かましいお願いに、「おう、応援してやろうじゃねぇの」というそのご厚情、心意気。感謝感謝です。ありがとうございます。
 昨夜、怒りに震えた単細胞演出家は我が身を戒めました。もう少し頑張ろう。そう思いました。バカ若手なんてどうでもいいじゃねぇか、お客様のために張り切っていこう。そう初心に帰りました。

 エンジェルに制限はありません。どしどし名乗りを上げて、この単細胞演出家とバカ若手にエールを送ってください。(結局、宣伝かよ)

 このところ体の重さがいっこうに取れず、今日もマッサージに行く。「ガチガチですねぇ」と整体師のニーチャンは有無を言わさず、ぐりぐり指を押し込んでくるのだが、これがとんでもなく痛い。何度もシャチホコのようにのけぞる。

 もっとガチガチなのは頭のほうかもしれないが。
これも脱原発?.JPG

これも脱原発?
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記

2012年04月19日

劇団なんてアホらしい。――[763]生誕19,332日

 基礎稽古。今、取り組んでいるシーンスタディの出来の悪さにムカムカと気分が悪くなる。脚本の理解が浅い。というか、どれだけ読み込んでいるのか、かなり疑わしい。ただ覚えた台詞を順番に言ってるだけ。ライブ感、ゼロ。
 なんでこんなクソ演技を見せられなければならないのか。「わぁ、偉いねぇ、よく覚えたねぇ」と言ってほしいのか?身を切りながら劇団をやっていることが一気にアホらしく思えるほどの体たらく。毒を吐くことさえ、もったいない。
 これはとりもなおさず、姿勢の問題。こいつらに「努力」ってものはないのか?

 あまりの怒りで帰宅してからも腹の虫が治まらず、仕事がまるで手につかない。(それはまた別の話)
選手交代.JPG

選手交代! 花から新芽へ。時は巡る。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記

2012年04月18日

「PIGHEAD」――[762]生誕19,331日

 翻訳家Sさんと『みんな豚になる−あるいは「蠅の王」−』の英語版戯曲の打ち合わせ。タイトルは「Everyone become pigs」ではなく、シャープに「PIGHEAD」。
 うん、結構いいかも。どうよ?どうよ?
 しかし英訳は難しいね。「小木さん」と呼ぶのと、嫌みを込めて「小木ちゃん」と呼ぶのでは、相当にニュアンスが違うはずだが、さて、これを英語ではどう書けばいい?
部下の立林君が女上司の「浅間しおり」とプライベートでも近い関係にあることを窺わせるのに、「しおり」と呼ぶのは日本ではあり得ないが、ファーストネームで呼び合うのが一般的な英語では、それはどう表現する?相手に腹が立ってきて、「君ね」と呼んでいたのが「おまえさぁ」と変化するのを英語で表す方法はある?

 ……「呼び方」の表記は、改めて英訳に向き合ってみると、かなりの難問です。う〜ん、難しい。

 またこのところ、これまでの公演の『フォト・ブック」の作成に着手しているのだが、こちらはこちらで紙の厚さや綴じ方など一筋縄ではいかないことが次から次に起こって壁にぶち当たる。パソコンやプリンターが目覚ましく発達してカラー印刷も手軽に美しくできるようになったが、製本となると、そうそう簡単にはいかない。これまた、かなりの難問。さて、どうする?
足に老化が.JPG

足に老化が見られるようです。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記

2012年04月17日

発想の転換。――[761]生誕19,330日

 「グレイトフル・デッド」というバンド、知ってますか?
 我が身はまったく知りませんでした。で、我が劇団のF女史に勧められて読んだのが『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』という本。『もしドラ』の二番煎じをいくようなタイトルだが、なかなかどうして、面白かったです。
 このバンド、ライブは録音OK、音楽は無料で聴き放題。なのにライブのチケットは即完売、年間5000万ドルも稼ぐという。要するにコンテンツを無料で開放し、ファンを増やし、ファンを巻き込んでムーブメントを起こすという、それまでにない戦略を採って前例のない成功を成し遂げたとか。
 発想の転換。新しいシステムの構築。なるほどと思うことは多々あるのだが、音楽は最終的にコピー物販(CDアルバムとか)に結びつくから利益を上げられるけれど、そもそも経済効率の悪い演劇にどう生かせばいいのかは、どうにもピンとこない。 本の監修は糸井重里氏。確かに糸井サンは自分のホームページで多彩なコンテンツを無料で開放してるけど、結局、手帳やTシャツ売ったりしてるもんなぁ。

 誰か芝居への生かし方をご教授ください。

 今日は書く仕事も、考える仕事も、部屋の掃除も、体力づくりも、何もかもが中途半端なままで放り出されたようになってしまい、とことんオノレの集中力のなさを痛感。

 仕事の仕方にも発想の転換が必要。ボンクラ頭では何も思い浮かばないが。
グレイトフル・デッド。.JPG

ビジネスのハウトゥ本です。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記

2012年04月16日

演劇ごっこに怒る。――[760]生誕19,329日

 重い腰を上げて午前中から小手指のS高校へ。 新学期になっての初授業。そうか、彼女たちは高校3年になったのか、などと感慨深げになることもなく、「さぁ、今日はバンバン先に進むよ!」と自らにも檄を飛ばしつつ、年齢が彼女たちのほぼ3倍のオッサンは張り切って動き回るが、女子高生諸君、なかなか先へと進ませてくれない。 「演劇ごっこと演劇は違う」ことを身をもってわかってもらうには何年も要するので、とりあえずの形をつくることに専心しようとするものの、あまりの「ごっこぶり」に途中何度もキレそうになるのだが、そこは大人の演出家、ぐっと我慢して軽めに毒を吐く。(吐くことに変わりはない)  夕方に小手指から都心に舞い戻り、ワンツーワークスの基礎稽古へ。女子高生とプロは違うんだぜ、と勇んで乗り込むが、ここでも若手が「ごっこ演技」を繰り出してくるので、今度は存分に毒を吐く。(吐くことに変わりはない) 「おまえは骨の髄までありきたりだ」と新人Tを斬って捨て、ダメ出しを憮然とした顔で聞く若手Oに殴りかかりそうになる。 凡庸であること、表現者にとってそれは罪。
コントラストが鮮やか。.JPG
コントラストが鮮やか。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記

2012年04月15日

場違い?――[759]生誕19,328日

 ランニングに出ると体が重い。
 20分コースの1周目、今日は重いなぁと思いつつも走り出したばかりの勢いで、なんとかいつものタイムを死守。いつも最初だけ勢いがよく、次第にバテバテになるのは性格ゆえ仕方ないと思いつつ、やはり2周目はさらに体が重くなり、タイムは一気に激しく落ちる。いかん、ここでバテては中年の恥(そんなものありません)、3周目は頑張ってペースを上げると、あ〜ら不思議、順調に足は前へ前へと繰り出されて、ゴールしてみれば1周目より1分近くタイムは速い。
 やるじゃん、俺。

 と、肩でぜーぜー息をしながら思う。

 桜はもう半分近くが葉桜。それでも花見に繰り出している人は意外に多い。みんな和気あいあいと楽しげ。家族連れ、大勢のグループ、それを中年男は横目で見ながら、独り、ぜーぜー肩で息をしている。場違い?

ホームページのコンテンツ増強で仕事が増えて、それに相当時間を取られて日々が過ぎている。この苦労、果たして報われるのか?と、疑問が頭をよぎったりもするが、今は最初の勢いだけで乗り切ろうと我が身に言い聞かせて机にしがみつく。
まだ名残惜しい。.JPG

まだ名残惜しい。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記

2012年04月14日

わめき散らす女。――[758]生誕19,327日

 夜中の2時近く。我が家のドアの外、で女の声がする。何やら、わめいている。どこだ?誰だ? 隣か? よもや我が家ではあるまいな? 仕事をほっぽり出して玄関口に行き耳を澄ませば、どうやらドア外の通路で男と揉めている模様。
 「13年間だよ。(語気を強め)何の報いもないまま13年だよ。十ぅ三年!毎日毎日太る薬を飲み続けて」。
 その意外な言葉に、さらに耳をそばだてる。太る薬? 13年間それを飲み続けたって?マジ? どんな薬だ? さらによく聞こうと野次馬オッサンはついに小窓を3センチほどこっそり開ける。
 「おまえはそんな私に文句が言えんのかっ? どうなんだ、言えんのかっ?ええっ?」
 女のわめき声は止まらない。顔が見えないので、どれだけ太ってるんだ、この女、と興味は募るが、時折、合間にぼそっと入る男の低い声が聞き取れずイライラする。
 明らかに女は酔っているし、二人は多分まともな関係ではなかろう。女のヒステリック度合いは収まることを知らず、ヒートアップする一方。おいおいこれは刃傷沙汰になるんじぇねーの?と思いながらも野次馬は小窓の前から動かない。
 「13年だぞ、それがどういうことか、おまえにわかんのかっ?」
 女は壊れたレコードのように「13年間」を繰り返し、だんだん馬鹿馬鹿しくなってきた野次馬は小窓を閉めて部屋に戻るものの、女のわめきはいよいよ強大化してゆく。おいおい、もう2時半になるよ。(私、20分ほども聞いていたんですね)
 ああ、ダメだ。これじゃ、うるさくて仕事に戻れない。たまりかねて玄関前に行き、迷わずドアを開けて顔を出す。
 「すいません、もう夜中遅いんで……」
 と、すかさず背を向けていたわめき女が振り返って我が言葉をぴしゃりと遮るように、「迷惑ですよね、わかってます。わかってますんで」
 女は年の頃、40くらいか。多少ぽっちゃりしていたが、想像していたほどには太っていず(なぜか少しがっかり)、通路の隅で壁に背をもたせかけていた茂木健一郎似の冴えない中年男は、ただ困惑顔を固まらせて我が身を見るのみ。
 こちらも呆れたような顔で男をにらみつけ、ドアを閉めて部屋に戻ると、おお、注意した甲斐があった。すぐに二人は立ち去ったらしく、夜の静寂が戻ってきた。注意してみるもんだね。
 と思いきや、今度は部屋の窓の外でわめき声がする。「わかってんのかっ? おめぇはサイテーだ、人間じゃねーよ」
 二人は外に出て舗道で第2幕を始めました。しかも外に出て開放感に助長されたのか、声はいっそうデカい。

 やれやれ……。

 今日は11月公演の新作ドキュメンタリーシアター『産まれた理由』の取材会議。どこの誰に取材をするべきなのか、全員で情報を共有する。その上で、「何を聞くべきなのか、どこに焦点を絞ればいいのか」とさらに芝居の方向性について話し合う。
 「産まれた理由」ねぇ……。
 まだ路上でわめいている、あの中年吠えまくり女にも、私としてはぜひ聞いてみたい。

 「あなた、どうして自分は産まれてきたんだと思います?その13年間のために産まれたんだと思えます?」
逃走中。.JPG

逃走中。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記

2012年04月13日

ひっそりと反省。――[757]生誕19,326日

 編集長を務める雑誌の青焼き校正にバタバタと追われる。初稿の段階での見落としがあまりに多くて、我が校閲力の衰えに愕然……。というより、真剣さが足りない。モチベーションが低い。原因はそこにあるのだと、ひっそりと反省。

 目下、海外連ドラ『glee』にハマっているオジサンはついにDVDを次々にレンタルしてきて、とことんハマる。
 そうなんだよこの男、いったん手を出してしまうと、性格的にどうにもやめられない。かつての『ツインピークス』(懐かしい!)のときにも、最後まで見てしまわないことには何も手につかない状態に陥った。自制心がとことん無いんだね。ゆえに以前、パチンコにハマったこともあるし、競馬はオノレの行く末が恐ろしくて手を出せない。
 ともあれ『glee』は歌のレベルが高くて心躍る。くるくると気が変わる登場人物たちのバカっぷりも魅力的。何より毒にまみれた言葉を速射砲のように繰り出し続ける中年女「スー」が何より爽快。とても他人とは思えない。

 ぬ? 『glee』を見ながら、ここでも我が身をひっそりと反省?
下の万国旗には意味がないと思う.JPG

下にずらりと並ぶ万国旗の意味不明。

posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記

2012年04月12日

エンジェルはどこに?――[756]生誕19,325日

  午前中は会議で西新宿へ。会議のメンバーは変わらないが、今日は日本劇団協議会が公益社団法人となって1回目の常務理事会。話し出せば次から次に話題はあるもので、予定の2時間はあっという間に経過。話せば話すほど、演劇界の前途はまだまだ多難だと思い知らされる。しかも時間の大半は「お金」にまつわる話に費やされている。

 だからというわけではないのだが、我が劇団のホームページに「エンジェル募集」のページをついにオープン。
 エンジェルとはブロードウエーの「出資者」のことだが、そこからネーミングを拝借して、我がワンツーワークスをサポートをしてくださる方、どうか名乗りを上げて力を貸してくださいという、なんとも厚かましいページ。
 でも実のところ、必死です。なりふり構ってられません。

 なかなか一般受けはしないが、こういう芝居があってもいいよなと思う理解ある心広き方、どうかポンと1億くらいめぐんでください。1億が高ければ5000円で十分です。どうかエンジェルになってやってください、マジで。お願いします。

 基礎稽古。見ていて引っかかるところはすべて止める、という方針で臨んだら、台本の3ページも進まず。

 どうもまだ、若手は「演技=ライブ」という当たり前のことが頭ではわかっていても実感できていない。「らしくやること」は演技でも何でもない。若手の「演技の嘘」を見抜くたびに、底意地の悪い演出家は嬉々として芝居を止める。なんかこれ、演出家のたちの悪いお楽しみの時間になってないか?と思いつつ。(決して楽しくはないが)
今年の見納め.JPG

今年の見納め。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(2) | 日記

2012年04月11日

引導を渡す。――[755]生誕19,324日

 もう危ない、もう危ないと思っていたDVDプレーヤーがついにご臨終。どんなソフトを入れても「NO DISC」「NO DISC」と嫌がらせのように表示してきやがるので、先手を打って引導を渡すことにした。

 新宿まで買いに出向くと、デフレなのか技術の進歩なのか、価格破壊の凄まじさに改めて驚く。42型液晶テレビが1万円以下って、どういう仕組みなのか。インターネット回線契約と抱き合わせとか、大方そういうことだろうとは思うが、こんなに安くて大丈夫なのか日本経済。と、一応、思っておく。

 昨日までの春の陽気から一転。今日は降りしきる雨、吹きすさぶ風。午後からみるみる天気が崩れ、ああ、これでいよいよ今年の桜はおしまい。なんたる花の命の短さよ。と、一応、思いを馳せておく。

 走り疲れなのか、ふくらはぎがぱんぱんで、おじいさんはこのところ階段の上り下りが大仕事。階段を一段一段上るたびに「老いへの階段、老いへの階段」と呪文のように思う。
もう散り始めてる.JPG

満開宣言から5日。もう散り始めてる。
桜の足跡.JPG

桜の足跡。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記

2012年04月10日

他人のふんどし。――[754]生誕19,323日

 今日は一日、俳優の写真撮影。カメラマンTさんと久々に会う。とはいえ、怠慢演出家は撮り始めの段階で段取りをつけると、自宅に舞い戻ってせっせと書き物仕事に精を出す。おかげで自宅と事務所をあっちに行ったりこっちに来たりしながら、ああ、これをやらなきゃ、今のうちにあれも終わらせなきゃと、気ばかり急いて少しも腹の据わった仕事はできず。

 夜はそのまま劇団メンバーの有志と夜桜の花見に流れる。昼間と違ってさすがに人は少ないが、中に発電機まで持ち込んで自ら桜をライトアップしている大所帯のグループがあり、我らは街灯に集まる蛾のごとく、その近くに陣取って他人のふんどしで夜桜を満喫する。だが、ほどなく大所帯は散会。発電機が撤収されてしまうと、ただの暗がりの中での飲み会と化し、そそくさとショボい街灯の下に移動。10時頃にはチャリで見回り中のお巡りさんに、「近所から苦情が出てるから騒がないように」といい大人どもが注意を受ける。
あとは散るのみ.JPG

あとは散るだけ。
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記

2012年04月09日

残尿感たっぷり。――[753]生誕19,322日

 今日から基礎稽古に我が劇団のニューフェイス女優Hが参加。新メンバーらしく、初々しさを振りまきながらオノレと向かい合っている姿が微笑ましい。
 それに引き替え、このところストレッチをサボっていた演出家はすっかり体が固まっていて、前屈だけでもひと苦労。リハビリのごとく、片隅でちまちまと若さのない体と向き合う。

 その憂さを晴らすがごとく、台詞の稽古になると一転して若手を罵声を浴びせかける。しかし、9時終了の稽古ではヒートアップできないまま時間切れ。残尿感だけをたっぷり抱えて帰路につく。
ゴキブリ.JPG

こんなところをゴキブリが行進!
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記

2012年04月08日

桜、満開。――[752]生誕19,321日

 桜、満開真っ盛り。桜はいいね。桜はひたすら美しい。

 と、浮かれ気分で出かけたはいいが、日曜日ということもあって善福寺川公園は人、人、人……。昼間っから宴会、宴会、宴会……。遊歩道にも原宿の竹下通り並みに人があふれ、ランニングに来たオッサンは覚悟を決めて、まるで障害物レースのように人の波をすりぬけて進むのだが、邪魔邪魔、人が邪魔、やむなく足を止めざるを得ないこともしばしば。

 「皆の衆。酒なんか飲むより、走れ。汗をかけ、特にそこのカップル、いちゃつくんじゃねぇ!」などと心の中で毒づきながら走れども、黒山のような民衆には太刀打ちできず、すいませんすいません、と平身低頭に走り抜ける。(泣)

 しかしなあ。なんとか1時間走って、一人だけ病気か?と思えるほどに汗まみれになってよくよく観察すれば、桜を観てる人ってほとんどいない。宴会で盛り上がる日本人を不思議そうに見ながら通りすぐいていく外人グループがいたのだが、我が身はその外人さんたちに激しく同意しておりました。

 ランニングで体を動かしているにもかかわらず、首筋、肩、肩胛骨周り、腰、ふくらはぎの凝りはいよいよ、ひどい。このまま全身が固まって石になってしまうんじゃないかと思うほど。もしやメドゥーサの呪いにかけられたのか?
満開.JPG

満開真っ盛り。
桜を観てる人はほとんどいない2.JPG
桜を観ている人はほとんどいない。
トイレ待ち.JPG
トイレには長い列。(このトイレはまだ短いほう)
posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記

2012年04月07日

早くも次々回公演。――[751]生誕19,320日

 7月の次回公演の稽古もまだスタートしていないというのに、早くも今日は次々回公演の顔合わせ&ミーティング。
 というのも、11月上演の次々回公演はドキュメンタリー・シアターの新作。相当な数の方に取材をしなければなりませぬ。早々に開始しておくに越したことはない。
 なので今後しばらくは同時に2本の劇団公演を頭にれて動かないといけません。これに地方公演の稽古やら基礎稽古やら高校の授業やらが雪崩れ込んでくるわけで、すでに刻々と認知症の道を突き進む演出家に、無事すべてを務めることができるのか、ああ、それは誰にもわからない。(務めなさい)

 いやいや、あれはそもそも無謀なスケジュールだったんだよ、無理無理。なんてことになるのではないかと想像しただけでも恐ろしい。(想像しなくていいです)

 風邪引きの体は未だ全快とはならず。熱はようやく収まったものの、鼻のぐずぐずはまだ治らない。

 しかし、東京は本日、桜満開宣言。本格的な春になれば体も若返り、仕事も快調にばんばん進む。はず。はずでしょ?
気持ちがざわざわする。.JPG

桜の森の満開の下。心、ざわざわ。

posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記

2012年04月06日

中途半端な試練。――[750]生誕19,319日

 凄いね、平泳ぎの北島康介選手。4大会連続五輪出場。29歳にして代表選考レースでは100mで日本新、200mも去年の世界選手権金メダルよりタイムが上。いったいどんな日々を送れば、こんなにも進化し続けられるのだろう。一発勝負できっちり結果を出す精神力も凄いね。イチロー選手といい、フィギュアの高橋大輔選手といい、競技年齢のピークを過ぎてなおトップに君臨し続けられる。いやはや、恐れ入る。まるで異人を見るような目になっているオッサンは我が身が哀しい。
 
 風邪は治ったかと思えばクシャミ連発、「リココデ」を飲んで収束したかと思えば鼻
水ツーツー。まるでイタチごっこのような完治への日々。あー早く持ち直してくれ、わが体。

 おまけにようやく春だ春だと浮かれていたのに、今日からまた一気に花冷え。老いの身にはジャブのように中途半端な試練が続く。……仕事が捗りません。(やる気の問題です)
探偵も頑張る.JPG

探偵も頑張る。(しかし、なぜ犬? 警察犬? 探偵はあなたの犬になりますってこと?

posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(2) | 日記

2012年04月05日

春風邪。――[749]生誕19,318日

 花粉症はいざ知らず、どうやら風邪です。桜につられてふらふらとランニングに出たはいいが、帰ってくると、やがて頭がガンガンし始める。あれえ、やっぱり、そうでしたか。「俺、花粉症でね……」と自慢げに言うようなキャラじゃないですもんね。「てめぇなんか風邪だよ、ただの風邪」。……ってことですよね。

 夜はワンツーワークスの基礎稽古。鼻水ツーツーオジサンはウォーミングアップはパス。市販の風邪薬「ルルアタック」と「リココデ」を飲んで久我山の稽古場へ。

 今日からシーンスタディの稽古で、テキストは『寿歌』。まぁ、びっくりするほど、うちの若手、下手です。戯曲が読めません。関西弁もド下手です。(これはしょーがないか) それにしても読み込めばわかることだろうに、読んでないのか、単に頭が悪いのか。風邪引き演出家は次第に腹だたしくなって、「うんこ、頭からかぶれば?」などと言い出す。あまりにカッカしてきて、稽古が終わると少し熱が下がっている。(マジ?)
 稽古は解熱の特効薬かもしれない。

見頃になりました。.JPG
見頃になりました。今年も桜が見られました。(まだ生きてる!)

桜、咲け。花、開け。.JPG
桜、咲け。花、開け。

posted by 老い日記 at 00:00 | Comment(0) | 日記